【人形町】二郎×中本が融合!「火の豚」の「フュージョン」が激ウマだった

ラーメン大好きのトミヲ(@tomionomi1023)です。飯テロ、失礼します。

2018年2月に人形町駅前にオープンした噂の「火の豚」で激盛りラーメン「フュージョン」を食べてきました。
あの有名なラーメン二郎と蒙古タンメン中本が融合した”良いとこ取り”ラーメンです。これは、卑怯なくらいに旨い。
「火の豚」の激ウマラーメン「フュージョン」を紹介します。

火の豚

「火の豚」は埼玉県久喜市に本店があるラーメン店です。2018年2月に東京初進出となる人形町駅前店がオープンしました。
ラーメン二郎と蒙古タンメン中本で修行をした店主がこの超有名な二つのラーメンを禁断のフュージョン(融合)。ラーメン二郎の濃厚豚骨ラーメンに蒙古タンメン中本のピリ辛麻婆豆腐餡がトロりとかかったラーメンを食べることができます。

イメージできないという方は公式Twitterがありますのでこちらでまずはご確認ください。
Twitterではゲリラで新作を発表したり、来店した人のツイートをリツイートしたりしています。

火の豚公式Twitter
@akato_kiiro

火の豚公式Twitterの欠点はタイムラインを眺めているとものすごくラーメンを食べたくなるところ。
あー、もうめっちゃうまそう。深夜に見ることはオススメしません(笑)

火の豚 人形町駅前店

アクセス
今回訪問したのは人形町駅前店です。地図はこちら。

最寄駅の東京メトロ日比谷線「人形町駅」。
A5出口を出たら右に進み、最初の角を右に曲がって数メートル進むと右手側にあります。A5出口から出れば徒歩1分で着きます。めちゃくちゃ近いです。
お店の入り口は小さいですが、火の豚の大きな看板が出ているので場所は分かりやすいと思います。

「火の豚」の入り口です。
火の豚 人形町 入り口

営業時間

  • 平日:11時半~15時、17~21時 (ラストオーダー10分前)
  • 土曜:11時半~15時
  • 日曜:定休日

お昼時や夜は外に行列が出来る混雑ぶりですが、14時前後は比較的空いているようです。
僕は14時30分ごろに行きましたがすぐに席に案内してもらえました。

注文方法

注文は入り口にある券売機で食券を買います。
オススメはもちろんラーメン二郎の豚骨ラーメンに蒙古タンメン中本の麻婆豆腐餡をかけたラーメン「フュージョン」(800円)です。
辛いラーメンが苦手という人は麻婆豆腐餡をかけない通常のラーメンもあります。

他にもゲリラで「まぜそば」や「つけ麺」を出す日もあります。公式Twitterで告知してくれるので、気になったらこまめにチェックするのがいいでしょう。

トッピングとコールのタイミング

ラーメン二郎でお馴染みの無料トッピングとコール。
例えば、

ヤサイマシマシニンニクアブラカラメ

と、店員さんに唱えるとラーメンのヤサイが増量して、ニンニクとアプラが入って味が濃くなる呪文のことです。

火の豚にもこのコールがあります。
コールのタイミングはラーメンを提供する直前に店員さんから

「ニンニク入れますか?」

と聞かれるので自分の好みのトッピングを伝えます。
食券を渡すタイミングではないのでご注意ください。

ラーメンのトッピングは今はこの4つだったと思います。

  • ニンニク
  • ヤサイ
  • アブラ
  • ショウガ

昼時でニンニクが気になるなら入れないこともできますし、ヤサイの量も「少なく」とか「ちょっと多め」とか細かくこちらの要望に応えてくれます。
分からなければ店員さんが優しく答えてくれると思います。

ラーメン二郎のコールと聞くと素人が踏み込んではいけない領域のような気がしてしまいますが、誰でも初めてはあるのです。
臆せずに、自分の好みを伝えましょう。

ちなみに、カラメ(味を濃くする)は卓上のタレを自分で入れて調整します。そのため、カラメのコールはありません。

火の豚「フュージョン」

噂のラーメン二郎×蒙古タンメン中本が禁断の融合をした「フュージョン」を食べました。
今回のコールは

ニンニク抜きヤサイアブラショウガ

です。
平日のお昼で午後も仕事があったのでニンニクは抜きにしました。その代わり、ショウガを入れました。
お腹が空いていたのでヤサイマシでこってりとした味を楽しめるようにアブラマシにしました。

このコールで出てきたのがこちら。

ヤサイがモリモリです(笑)
麺とヤサイが同量かヤサイの方が多かったかもしれない。上に乗ってる茶色のドロッとしたものがアブラです。

左側にかかっているのが麻婆豆腐餡。まず最初は麻婆豆腐の味をチェック。結構ピリッとした辛さがありますがあと引く旨味がたまらないです。

続いてヤサイが想像以上に多かったので1/3くらい食べました。
ヤサイは茹でたモヤシとキャベツでシャキシャキしていて美味しいです。麻婆豆腐と一緒に食べるとなお美味い。

ヤサイの量が減ったらいわゆる「天地返し」をして麺を上に出します。

量が多いので混ぜるのが少し大変ですが、スープと麻婆豆腐をしっかり混ぜた方が美味しいです。
濃厚豚骨スープとピリ辛麻婆豆腐を「フュージョン」させることでこのラーメンを最大限に味わうことができます。

じっくり煮込んで乳化した豚骨スープに麻婆豆腐餡が混ざるとさらにドロっと濃厚な味わいになります。
この濃厚なピリ辛豚骨麻婆豆腐スープをゴワゴワした食べ応えのある太麺がどっしりと受け止めてくれます。

ボケーっとしていると麺がスープを吸って膨張していくのでガンガン口にかきこんでいきます。ワシワシ食べるっていうやつです。
ヤサイと一緒に食べるとヤサイのシャキシャキ感と麺のモッチリ感両方を同時に味わえます。

ラーメン二郎と蒙古タンメン中本の融合ラーメンなのでスープや麻婆豆腐に話題がいきますが、豚(チャーシュー)も激ウマなんです。

部位はおそらく豚バラ。肉とアブラのバランスのいい厚いチャーシューが1枚入っています。厚く切ってあるので、一見すると噛み切るのが大変そうですが、しっかり煮込んであるので、噛めばスッと歯が肉の繊維を切って簡単に噛み切れて、豚肉の旨味が溢れ出ます。それと同時にトロッとした濃厚なアブラが溶けて口の中に旨味がさらなる広がりをみせます。

このチャーシューだけでも食べにいく価値あり。こんなに美味いチャーシューはなかなか出会えないと思います。
豚増しも可能です1枚100円だったと思います。

麺にヤサイに肉厚チャーシューとかなりのボリュームでしたが、あっという間に完食。美味しかったです。

さすがにスープまで飲み干すことはできませんでした(笑)

自宅で「蒙麺火の豚 フュージョン」を味わう

宅麺.comは、全国の行列が出来る人気店のラーメン・つけ麺をお取り寄せできる通販サイトです。

蒙麺火の豚の激ウマラーメン3種類が取り寄せ可能です。

>>>宅麺.comで有名店のラーメンを取り寄せ|使い方・口コミ・評価まとめ

宅麺.comで有名店のラーメンを取り寄せ|使い方・口コミ・評価まとめ
行列のできる有名ラーメン店の味を自宅で味わうことできる宅麺.comをご紹介します。宅麺.comで食べることができるオススメラーメンから使い方、お得なクーポン情報、口コミ情報まで掲載しています。充実のラーメンライフを送るためにも、ぜひ宅麺.comを利用しましょう!

火の豚はこんな人におすすめです

  • ラーメン二郎、二郎系ラーメンが好きな人
  • ピリ辛ラーメンが好きな人
  • 新しいラーメンが好きな人

ラーメン二郎がベースなので二郎系ラーメンが好きな人はきっと気にいるラーメンだと思います。
また、ラーメン二郎と蒙古タンメン中本の融合というこれまでにありそうでなかった新機軸のラーメンなので新しいラーメン好きの方は一度は訪問するべきラーメン店だと思います。

量が多いので女性の方は完食するのがもしかすると大変なのかもしれません。通常の量が食べきれるか不安な場合はヤサイの量を減らすなどして自分が食べきれる量に調整するのが良いでしょう。

人形町に来る機会があれば、ぜひ味わっていただきたい一杯だと思います。

こちらの記事もオススメです
【人形町】「火の豚」の「フュージョンまぜそば」も濃厚ピリ辛で激ウマな一杯だった
ラーメン二郎と蒙古タンメン中本が融合した激盛りラーメン「フュージョン」が人気の「火の豚」人形町駅前店のもう1つの看板メニュー「フュージョンまぜそば」を食べてきました。ドロっと濃厚な豚骨タレに激辛麻婆豆腐が合わさり、「フュージョン」よりもジャンキーな味わいのラーメンです。こっちもハマっちゃう激ウマラーメン「フュージョンまぜそば」をご紹介します。
【人形町】「麺 やまらぁ」の極上「台湾まぜそば」は絶対食べたい一杯
人形町駅の近くにある麺 やまらぁ」の「台湾まぜそば」がめちゃくちゃ美味しい。ピリ辛濃厚な味わいとツルツルシコシコの極太麺が最高。定番の「追い飯」をすることもできてこれもうまい。海苔で巻いたご飯が好きです。ラーメン好きは足を運ぶべき名店。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] バズ部のコンテンツマーケティングを実践してみる ラーメン 【人形町】二郎×中本が融合!「火の豚」の「フュージョン… ラーメン […]

  6. […] […]